宇治市 自己破産 弁護士 司法書士

借金・債務整理の相談を宇治市に住んでいる方がするなら?

借金返済の相談

宇治市で債務・借金などお金の悩みを相談するならどこがいいのか、迷っていたりしませんか?
せっかく相談するなら、優秀な司法書士や弁護士が相談にのってくれる法務事務所・法律事務所を選びたいもの。
当サイトでは、インターネットで無料相談出来る、オススメの法務事務所・法律事務所を厳選して紹介しています。
宇治市に対応していますし、相談は無料でできるので安心です。
直接相談をいきなりするのは少し不安、という方にもお勧めです。
借金返済・多重債務の問題で困っているなら、まずは司法書士や弁護士に相談して、解決策を探しましょう!

借金・自己破産の相談を宇治市に住んでいる方がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

宇治市の借金返済や多重債務の悩み相談なら、ココがおススメです。
弁護士が対応してくれて、全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が無料なので、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士費用の支払いは、分割払いの対応も可能です。
弁護士への相談料金ももちろん無料!
借金の取り立てをSTOPすることもできます。
自己破産、過払い金、任意整理、個人再生、など、借金や債務に関して相談できます。。
しかも、無料相談窓口では365日24時間、いつでも受付てくれます。
フリーダイヤル(通話料0円)で相談受付してくれるので、借金返済で悩んでいる方も今すぐ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国に対応している、借金問題が相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、あなたに適したやり方で多重債務・借金の問題を解決に導きます。
また、過払い金の請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から費用を精算できます。
任意整理も、減額報酬・和解成功報酬などは一切取らないので、安く解決が可能です。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性でも安心して相談できることでしょう。
まずは無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑

司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ここも全国対応の司法書士事務所なので宇治市にお住まいの人も相談できます。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうという、涙もろい一面も。
債務整理の料金は分割払いも可能なので安心です。
家族や職場に悟られないよう徹底配慮をしてくれます。
借金返済の問題は、1人で悩まず、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の宇治市近くにある法律事務所や法務事務所の紹介

他にも宇治市にはいくつかの司法書士・弁護士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●元木司法書士事務所
京都府宇治市広野町一里山65-3
0774-45-5660

●小川克司司法書士事務所
京都府宇治市宇治壱番120-1
0774-22-2457

●平井合同事務所(司法書士法人)
京都府宇治市宇治壱番143
0774-22-2283
http://ujisihou.jp

●小阪司法書士事務所
京都府宇治市京都府宇治市木幡西浦7-11
0774-38-2428
http://kosaka-office.main.jp

●秋山敏章司法書士事務所
京都府宇治市宇治壱番132-4谷口ビル3F
0774-20-8173

●よしかわ司法書士事務所
京都府宇治市大久保町大竹62-22
0774-46-6336
http://yoshikawa-shihou.com

●京都やましろ法律事務所
京都府宇治市広野町西裏97-5商弘ビル4F
0774-41-2721

●くにとも司法書士事務所
京都府宇治市琵琶台1丁目17-4
0774-22-8735

●小野慶・司法書士事務所
京都府宇治市宇治池森20-6マックスビル3F
0774-23-1647

●みらい司法書士事務所
京都府宇治市五ケ庄一里塚1-56
0774-32-4555
http://mirai-kyoto.net

●いかい司法書士事務所
京都府宇治市小倉町老ノ木21-5
0774-20-0158
http://eonet.ne.jp

地元宇治市の司法書士・弁護士の事務所に行き、直接相談するのもアリだと思います。
ただ、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、手軽に気軽に相談できるという方も多いのではないでしょうか。

宇治市に住んでいて多重債務や借金の返済に悩んでいる方

借金がかなり増えすぎてしまうと、自分ひとりで返済するのは難しい状況になってしまいます。
コッチでも借り、アッチでも借り、多重債務で借金がどんどん膨らんでいくと、もう金利を払うのすら辛い状態に…。
一人だけで完済するぞと思っても、どうにもならないものはどうにもなりません。
親や親類などに頼れるのならばまだいいのですが、結婚をもうしていて、妻や夫には秘密にしておきたい、と思っているなら、いっそう困ることでしょう。
そんなときはやはり、司法書士・弁護士に依頼するしかないのではないでしょうか。
借金・お金の問題を解決するための知恵や方法を何とか考え出してでしょう。
月ごとに返すお金を減額してもらい、長期返済できるようにしたり、過払い金を返還してもらって、返済金を減額してもらったり、などです。
どうにもならない、と思ったら司法書士や弁護士に相談してみませんか。

宇治市/債務整理のデメリットって?|自己破産

債務整理にも沢山のやり方があり、任意でローン会社と話合う任意整理と、裁判所を通した法的整理である自己破産若しくは個人再生等の類があります。
じゃあこれらの手続きにつき債務整理のデメリットというようなものがあるでしょうか。
これらの3つの手法に同じようにいえる債務整理デメリットと言うのは、信用情報にその手続を進めた事が記載されてしまうという事です。俗にいうブラック・リストというような情況です。
としたら、おおよそ五年から七年くらいの間は、ローンカードがつくれなくなったり又借り入れができなくなります。だけど、あなたは支払に苦しみ悩んでこれ等の手続を行うわけだから、もうちょっとの間は借金しない方がよいのではないでしょうか。
ローンカードに依存している人は、むしろ借金ができない状態なる事で不可能になる事で救済されるのではないかと思われます。
次に自己破産または個人再生の債務整理の欠点ですが、官報にこの手続きをした事が掲載されてしまう点が挙げられるでしょう。けれども、貴方は官報などご覧になった事が有るでしょうか。むしろ、「官報ってどんなもの?」といった人のほうが多いのじゃないでしょうか。
実際のところ、官報は国が発行する新聞みたいなですが、闇金業者などのごく僅かな人しか目にしてません。だから、「破産の実態が周囲の方に知れ渡った」等といった心配はまず絶対にありません。
終わりに、破産特有の債務整理の不利な点ですが、1辺破産すると7年間は二度と自己破産は出来ません。そこは十二分に留意して、二度と自己破産しなくてもいいようにしましょう。

宇治市|借金の督促って、無視したらマズイの?/自己破産

皆様がもし貸金業者から借入れして、支払期限に間に合わなかったとしましょう。その時、まず間違いなく近い内に信販会社などの金融業者から借金の督促電話がかかって来るでしょう。
メールや電話をスルーするという事は今では容易です。消費者金融などの金融業者のナンバーだと事前にキャッチできれば出なければ良いのです。そして、その督促の連絡をリストアップして着信拒否する事が可能です。
だけど、そういった手口で一時しのぎに安心しても、其の内に「支払わないと裁判をします」等と言った督促状が届いたり、裁判所から訴状又は支払督促が届きます。其のような事になっては大変なことです。
したがって、借入れの支払期日につい間に合わなかったらシカトをせず、真摯に対応する様にしましょう。金融業者も人の子ですから、ちょっとの期間遅延しても借入を払う意思があるお客さんには強硬な進め方に出ることはおそらく無いでしょう。
じゃ、支払いしたくても支払えない際にはどのようにしたらよいのでしょうか。やはり何度も何度も掛けてくる催促の連絡をシカトするしかほかは何にも無いでしょうか。其の様な事は絶対ありません。
まず、借入が返金できなくなったならば即座に弁護士さんに依頼若しくは相談していきましょう。弁護士の方が介入したその時点で、クレジット会社などの金融業者は法律上弁護士を通さないでじかにあなたに連絡を取ることが不可能になってしまうのです。信販会社などの金融業者からの借金の要求のコールがとまる、それだけでも内面的にもの凄くゆとりがでてくるのではないかと思います。又、具体的な債務整理の手法については、その弁護士さんと協議をして決めましょうね。

関連ページ